新着情報

ホーム > 新着情報 > 心から意義を感じる目標

心から意義を感じる目標

***(ドラッカーの言葉)***

人の本性は、最低ではなく
最高の仕事ぶりを目標とすることを要求する。

(現代の経営(下) p.108)
****************

今週はお盆があって
変則的なことが多かったのではないかと思います。
私もお盆明けすぐに、

お客様のところで半日の会議ファシリテーション。

 

お題は、

下半期の数値(財務)目標の設定と、
その実現のための行動目標の設定。

 

数値目標は、
1)上半期の業績の分析
2)今後の人材計画と設備計画の確認
に始まり、

3)最低必要利益を算出
というステップを経て

4)現実的な水準を各営業部門長と確認しあう形で設定しましたが・・

 

その最終確認での社長の一言。

それは各部門長に

 

「この目標水準で、達成しようとモチベーションはあがるかい?」
を確認した一言。

 

これが、今日の会議の興味深かったところ。

重要なのは・・・

 

なんのための目標設定か?

 

を考えること。

 

数値を設定すれば実現するのであれば、
誰も頭を使う必要がない。
マネジメントも必要がないはず(笑)。

 

目標は、働きぶり・・つまり

その後の行動と
行動の際の心の持ち方を変えるためにあるのであって、

あくまでも考えた末の「仮説」。

 

仮説は検証して修正しなければならない。

その際にもマネジメントが必要となる。

だからこその目標設定。

あなたは、心から意義を感じる目標を設定できていますか?

***(今日の質問)***

Q:今週、うまくいった仕事は何ですか?

Q:その仕事をあなたの考えうる限り最高の出来栄えにするとすれば
どんな仕事になりますか?

Q:その仕事で喜ぶ人を考えうる限りの最大限に増やすとすれば
どれくらいの数ですか?

 

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401