成果を上げるために、小さな改善を

***ドラッカーの言葉***

今日われわれが知識とするものは、
行動のための情報、成果に焦点を合わせた情報である。
その目的とするものは、人間の外部、社会と経済、
さらには知識そのものの発展にある。

ポスト資本主義社会(1993) p.62

**************

「お客様のお困りごと」が・・・

「ウチの仕事になるか、ならないか」
は、もちろん、

「解決方法がわかるか、わからないか」

も問わずに、とにかく集めていこう。
それがある会社の行動指標。

これまでの担当者が
これまで行っていた先に行くだけでは、
新しいことなんて起きない。

だから
新しい「お客様のお困りごと」を集めるために、
これまでとは違う顔ぶれで訪問する。

「売るため」ではなく、
「聞くため」に訪問する。

そんな行動を宣言した会社があります。
お客様の「困った」に全力で取り組むとき、
仕事と商品が「小改善」される。

その「小改善」が溜まったとき、
より大きな大きな「改善」が始まる。

組織の成果は、
組織の中ではなく、組織の外側にある。

組織の外に出よう。

お客様のお困りごとを聞こう。

これまでお客様で買った人にも、
本当の悩みを聞こう。

きっと新たな事業へのきっかけがそこにあるはずです!

◆◆今日の質問◆◆

Q:最近、自部門の改善活動をしましたか?

Q:この一年の間に、あなたの仕事の提供先である他の組織(部門)の
業務改善活動に関わったことはありますか?

Q:あなたの仕事の提供先である他の組織(部門)が
どんな問題を抱えているかを同僚に話すことはありますか?

シェアする

フォローする