選択肢を用意する

***ドラッカーの言葉***

複数の解決案を考えることこそ、
それまで当然のこととしてきた前提に光を当て、調べ、
その有効性を調べざるを得なくするための唯一の方法である。

現代の経営(下) p.238
**************

以前に立ち会わせていただいた、とある会社の会議の一場面。

「Aさんが行動しないのが問題。」
「どうすれば、Aさんが動くのか。』
「Aさんを説得できないBさんのやり方がまずいのでは?」
「そもそも、Bさんに任せてはいけないのでは?」
「では、Cさんも投入するか。」
「でも、Cさんにも問題があって・・」

自分には選択肢がなかったんだ。
自分の責任ではなく、○○さんのせい。
・・という主張ばかりして、なにも決まらない会議。

不毛な、責任のなすりつけの会議は意味がない。
でも、多くの会社で、似たような場面を見かけます。

そんな「空気」が支配する会議になったなら。

「まってください。
 Bさんは、Aさんが行動しなくても実現する策を考えています。
 どうしても、Aさんの意識改革が必要ですか?
 Aさんの人格を変えることが、この組織の成果ですか?」

という「水」をさしてみるのが私の仕事です。

前提そのものが変わる時、
新たな策が生まれ、会議の「空気」が変わる。

何かが生まれる「空気」。
あなたの組織にはありますか?

◆◆今日の質問◆◆

Q:問題が行き詰まっていることは何ですか?

Q:その問題にどんなアプローチをしていますか?

Q:選択したアプローチが効かないこと自体を問題としていませんか?

シェアする

フォローする