ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 「継続学習」と「自己刷新」と若返り

「継続学習」と「自己刷新」と若返り

今週は、新聞社の社員研修でした。

今年で5年目なのですが、他の会場や社員研修と比べると
やはり、文章を書くトレーニングをされていらっしゃる方々は、
質問ワークなどをやっても、書ける言葉の量が違うなぁ、と
いつも感じさせられております。

そんな研修会場からの帰りのタクシーで
年配の運転手さんのお話が、
とても興味深かったのでご紹介しますね。

行き先を告げた私に、
とんちんかんな道を提案した運転手さん。

あれれ?と思って

(清水)いつから運転手をされているのですか?

(運転手)実は今月からなんです。

清:ああ、そうでしたか。

運:カーナビがあるから、まだなんとかなっているますが、
なかなか道を憶えられなくて・・
ご迷惑をおかけしたらごめんなさい。

清:いえ、私はこの辺りはわかるので大丈夫ですよ。
カーナビがない時代の運転手さんは大変だったでしょうね。

運:ドライブに行くのも、地図を見ながら行っていましたものね。

清:昔、バイクに乗っていたので、地図を広げながら・・
というのもできず、北海道でずいぶん道に迷いました。

運:あ、バイクに乗られるんですか?

清:いえ、もう長いこと乗っていません。
運転手さんも乗っていたのですか?

運:(ちょっとテレながら・・)
実は・・・このトシで大きなバイクを買っちゃったんですよね~。
そこから人生が変わった気がします・・・。

(ナニ?何?面白そうなお話!)

その方は、長年働いた会社を昨年退職したらしい。

定年後も嘱託でお仕事をさせてもらうと・・
経営幹部も代替わりして若くなっている。

昔は後輩だった上司と、高齢の部下。
お互いにやりにくいだけでなく、
若い頃のようには身体が動かない。

体力がなくなっているから
勤務時間が長いと感じる。
つかれもたまる。

体力が持たないから、
「仕事のやり方自体を変えるべきだ」と
会社に主張したが、
こんどは同年配の同僚から、
「いまさら新しいことを憶えたくない。」

なによりも
単調な仕事に飽きている自分が居た。

「居心地はいいけれど、
このままでだと、自分がそのまま朽ち果てていきそうだ・・。
何か新しいことを始めなければ手遅れになるかもしれない。」

そう思って考えたのが
「昔やりたいと思っていたのに
あきらめてしまっていること」

そこで購入したのがバイクだったそうです。
ちょっと大きめ、ちょっと渋めのバイク。

購入して、乗り回していると、気持ちが若くなってきた。
新しいことにチャレンジする自信がついて来た。

だから・・

運:会社を辞めてしまいました。
別にバイクでの長期旅行をするためではありません。
“なにか”をはじめたくてたまらない気持ちになったんです。

一年ほど、ある勉強をして
先月からお金を貯めようと運転手も始めました。
このトシで恥ずかしながら、
来年あたり、起業したいと思っています。

ちょっと感動しました。
挑戦するきっかけは、なにかを変えるはじめの一歩。

私もバイクが欲しくなってきた(笑)。

***(ドラッカーの言葉)***

企業家社会では、
成人後も新しいことを一度ならず勉強することが常識となる。
21歳までに学んだことは5年から10年で陳腐化し、
新たな理論、技術、知識と代えるか、少なくとも磨かなければならない。
そのため、一人ひとりの人間が、
自らの継続学習、自己啓発、キャリアについて
責任を持たなければならなくなる。
(イノベーションと企業家精神 p.335)

◆◆今日の質問◆◆
Q:昔、やりたいと思っていたのに、
いつの間にかあきらめてしまったものはありますか?

Q:今からでもできることはありますか?

Q:来年からでもできることはありますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401