ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 口数の多さとコミュニケーションは・・

口数の多さとコミュニケーションは・・

わたしは普段、お客様の会議に参加させていただいて
会議の運営のお手伝いをします。

会議の場では、
どういう意味で使っているか?
を問う「言葉の意味」を確認させていただくケースがあります。

きっと・・・これは自分にも言えることですが・・
整理できていないものへの問いかけほど、
説明は冗長で、説明に時間がかかる。

くどい説明が、ますます理解の妨げになる。

そして・・・
今回立て続けに幾つかの会議での
気づいたことですが・・・

説明を求められたときに、
「説明で終わり」にして
「行動はできるだけしない」というときほど、
口数が多くなる傾向を感じました。

コミュニケーションは、情報量と比例せず、
むしろ、情報が多すぎるとコミュニケーションが成立しない。

口数よりも、行動で語り、
情報量よりも、背中で伝える。

そんな言葉が浮かびました。

***********
今日の質問
Q:あなたが伝えるべきメッセージは何ですか?

Q:ポイントを3~5つにまとめると?

Q:それぞれどんな行動が頭に思い浮かびますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401