ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 不易流行

不易流行

**(ドラッカー教授の言葉)**
マネジメント・ブームの中心となったコンセプトは7つあった。
(中略)
これら7つのコンセプトは、
いずれもマネジメント・ブームの前から使われ、成功を収めていた。
(中略)
しかしそれは、それまでの少数の専門家の知識だったものを
広く分け与え、それまで例外だったものを一般化した。
ところが今日、マネジメントブームの中心となっていた知識では
不十分なことがはっきりした。

「エッセンシャル版マネジメント(1973年) p.4」
序:新たなる挑戦
・・・・・・・・・・・

経営学、マネジメントの黎明期。
そのマネジメント・ブームの中心となったコンセプトが7つある。

と、
ご自身がマネジメントについてのコンセプトメーカーである、
ドラッカー教授はいいます。

その7つは
1)生産性向上のための科学的管理法(サイエンティフィック・マネジメント)
2)組織構造としての連邦文献組織
3)人を組織に適合させる人事管理
4)明日のためのマネジメント開発
5)管理会計
6)マーケティング
7)長期プランニング

この7つ・・・どうでしょうか。
そんなに古いものとは感じないかもしれません。

おそらくは今もよく目にするもので、
今もマネジメントや経営学を学ぶ時には
項目に挙あげられがちなものです。

でも、これらのものについても
その本質が何であったかをドラッカー教授は示しています。

そこで、半世紀以上の時代の変化を超えて、
これらのコンセプトの本質部分を利用できるよう
次回から、何回かに分けてこれらのコンセプトについて触れたいと思います。

昔あなたが学んだもので、いまは使えなくなったものは何ですか?

***********
今日の質問
Q:社会に出た頃・・あなたはどんな社会で働くためのトレーニングを受けましたか?

Q:その頃受けたトレーニングで、いまの若手にも有効なものは何と何ですか?

Q:時代背景に合わなくなったものは何ですか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401