ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 組織構造としての連邦分権組織(その2)

組織構造としての連邦分権組織(その2)

***(ドラッカー教授の言葉)***

組織構造は
おのずから進化していくものではないということである。

組織のなかでおのずから進化していくものは、
混乱、摩擦、まちがった成果だけである。

エッセンシャル版マネジメント p.180
~31 新しいニーズ ~
******************

マネジメントブームの7つのコンセプトの、
二つ目「組織構造としての連邦分権制度」から
組織構造についてのお話を展開させていただきます。

組織構造は、言うなれば動物の骨格。

「もっと木の高いところのエサを食べたい。」という意思が、
キリンの首や象の鼻を長く「進化」させ、

「あの空を飛びたい。」という思いが、
鳥の腕やコウモリの手を翼に「進化」させた一方で・・

「飛んで逃げる必要性なんてないよね。」
という状況が続くと
キウイやドードーの翼が「退化」する。

組織構造の前に、
まず意思や思いがあるはずです。

なにを成し遂げたいかを示すことなく、
どの組織構造が効率が良いか?などと考えるのは、

「キリンとコウモリでは、どっちが損でどっちが得?」
と言っているようなもの。

あまり意味がない。

あなたの組織は、
これからの5年でなにを成し遂げたいですか?

*****(今日の質問)*****

Q:これからの5年でなにを成し遂げたいですか?

Q:それを成し遂げた時、お客様や周囲の方々にどんな良い変化がありますか?

Q:そのとき、あなたの組織はどんな進化を遂げていますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401