ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 不安感 vs.危機感

不安感 vs.危機感

「もっと「危機感」を持って行動しろ!」

なんてセリフをよく聞きます。

ところが、その「危機的状況」を示す情報を開示してほしいというと
「不安感」が広がるといけないので、インパクトを抑えて・・
と伏せられることが良くあります。

危機感と不安感は、裏表。

両方とも、ネガティブな状況に対する感じ方。
しかも、まだ起こっていない、見えない状況への感じ方。

ネットで少し調べてみたのですが、
あまり自分の中でスキッとした回答がありません。

[不安感]は、自分の損得勘定。
[危機感]は、仲間や環境への貢献。

[不安感]は、動物的な脳の反応。
[危機感]は、人間的な脳の反応。

私の中では、

[不安感]は、自己「防衛」の動機づけ。
[危機感]は、自己「刷新」の動機づけ。

が一番すっきりします。

では、自己防衛と自己刷新の別れめはどこだろう??
これも考察したのですが、思いついたのは

一つは、その状況を変えるための行動が明確かどうか?
次に、状況を変えようという意思があるか?
三つ目に、自分たちには、それができるという自信。

しかも、自信がなけえば、意思は生まれず、
意思のないところに策が生まれないということを考えれば、

ますは「自信」をもって物事に当たれているか?
が重要な気がします。

あなたが今週、自信をもって取り組むことは何ですか?

*****(今日の質問)*******
Q:今週、少し背伸びをしたチャレンジングな仕事はありますか?

Q:今週、確実に、絶対に、間違いなくできるとわかっている仕事はありますか?

Q:どんな仕事に自信がつきますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401