ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 組織構造としての連邦分権組織(その5)

組織構造としての連邦分権組織(その5)

***(ドラッカー教授の言葉)***

組織構造の設計は最初に手をつけるべきものではなく、最後に手をつけるべきものである。
最初に手をつけるべきは、組織の基本単位を明らかにすることである。
エッセンシャル版マネジメント p.180-181 ~31章 新しいニーズ ~

******************

マネジメントブームの7つのコンセプトの、二つ目「組織構造としての連邦分権制度」から組織構造に
ついてのお話を展開させていただきます。

ドラッカー教授は、組織構造こそ、成果をあげるための前提である。としながらも、最後に手を
つけるべきものだといいます。

最初に手をつけるべきは、「組織の基本単位」を明らかにすること。

あまり耳慣れない言葉なのですが、それを求めるため分析として
(1)活動分析 (2)貢献分析 (3)決定分析 (4)関係分析
の4つをあげています。

今日はこの(1)活動分析から・・

………..
組織の基本活動を明らかにするものは、これら三つの問いである。
《エッセンシャル版マネジメント p185 第32章 組織の基本単位》
………..

としている三つの問いとは・・

あ)組織の目的を達成するには、いかなる分野において卓越性が必要か

例えば、多店舗経営で物販をしている会社であれば「立地選定」で卓越性するか、
「商品選定」で卓越するか、あるいは「プロモーション」で卓越するか
などの内、何を軸にするかで全く組織構造は変わってしまいます。

い)いかなる分野において成果があがらないとき、致命的な損害を被るか、
いかなる分野に最大の弱点を見るか。

通常は目立たない部門が、業界の危機などの場合に「致命的な損害」を回避できるかどうかの
鍵を握っていたりします。例えば、品質管理や、品質表示、顧客情報管理、信用調査などがあるかと
思います。

これらの問いに答えた上で、

う)本当に重要な価値は何か

製品や工程の安全性なのか、品質なのか、あるいはサービスの充実なのか

……….
まず感心を向けるべきは、組織の目標の達成と戦略の成功に欠くことのできない活動に対してである。

この機関活動こそ、まず識別し、規定し、組織し、中心におかなければならない。

目的と戦略からスタートした基本活動についての活動分析だけが、組織に真に必要とする組織構造を教える。

《エッセンシャル版マネジメント p184 第32章 組織の基本単位 ~活動分析》
……….

あなたの事業の中心におくべき活動は何ですか?

*****(今日の質問)*****

Q:これまでは、どんな活動があなたの組織の花形でしたか?

Q:成功のために中心におくべき活動が、実は、これまで考えもしなかった活動だとしたら、
何だと思いますか?(3つ挙げてください)

Q:それぞれについて、それを中心においたとき組織図はどのように変化しますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401