ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 明日のためのマネジメント開発(2)~自己実現にどう関わるか

明日のためのマネジメント開発(2)~自己実現にどう関わるか

(今日の質問)
Q:部下や後輩の自己実現に対して、上司や先輩は何ができますか?

エッセンシャル版マネジメント冒頭の
『マネジメント・ブームの中心となった7つのコンセプト」の四つ目、
「明日のためのマネジメント開発」。

こちらについても、
まだまだ根強い前世紀的な、人を支配する思考のコンセプトへの警鐘を鳴らしています。

前回は、ドラッカー教授が挙げた、マネージャーの育成になっていないものを示させていただきました
ポイントは、
(1)マネジメント能力は、現場で(失敗しながら)身につけるもの
(2)将来発揮する能力なんて、誰にも推定できない
(3)個人の成長を、会社が保証できない
(個人の人格に干渉することはタブー)

「個人が責任を持つべき領域」に、会社が干渉をしてはいけない以上、
自分の能力については自分が責任を負うことが第一ですね。

自分の人生も、自分の成長について、誰かに保証してもらうことはできません。
では、会社側としてはどうすればいいのか?ということで、先週は終わりました。

これについて、ドラッカー教授は二つの側面を指摘しています。(「マネジメント(中)」)
一つは、「マネジメント開発」。
もう一つは「マネジメント教育」。

前者の目的は、組織の健康、存続、成長。
後者の目的は、個人の(マネジャーとして、人間としての)健康、成長、成果。

前者の中心課題は、会社の未来ビジョン。
それに伴って、マネジャーの年齢構成、将来の必要能力、将来の人と仕事のマネジメントニーズから、いま行うことを考えるもの。
これは、全社的なものなので、今回は触れません。

一方、後者の中心課題は、個人の自己実現。
つまりは、強みを発揮して成果をあげることで、自分の居場所(位置と役割)を手にすること。

ただし、これを会社や上司が保証しようとすると、
前回(先週)も指摘した、支配的なアプローチ、個人の人格への干渉をせざるをえなくなってしまいます。

組織や上司は、個人の自己実現の動機づけ対して、支援することしかできません。
では、どんな支援が、支配的ではなく、人格への干渉ではないものになるのか。

まずは、成果についての、目標の「自己設定」と「自己評価」についての支援です。

ポイントは、「自己設定」&「自己評価」であるところ。
上司が設定し、評価すると、また上司が「支配」するモードになってしまいます。

しかしながら・・・

「人というものは、自らの評価にあたっては、厳しすぎたり甘すぎたりするものである。
自らの強みを妙なところに見つけ、不得意なことに自信を持っていたりする。」
(「マネジメント(中)」)

ここからは、私の家庭でのお話ですが・・・

ピアノを習っている小2の娘、モモ(仮名)。
負けず嫌いで我が強く、都合のよいポジティブシンキング。

ママに「練習しなさい」と言われるとふてくされる。
「発表会まであと2週間だよ。そんなんで大丈夫?」と言われると「大丈夫だもん。」と意地を張る。
「練習しないなら、そこにずっと座ってなさい。」と言われると、ただ悔し泣きしながらピアノの前に座っている。

おお!これこそ好事例だと思い、私もママに協力して実験を始めました。

私「今の演奏は、100点満点で何点?」
娘「んー、90点かなー。」
私「え・・・(怒)(これが自己評価の難しい所。評価ポイントを変えるかぁ・・)
へー、じゃあ、もう練習しなくてもいいのかな。」
娘「んー、今日はこれくらいでいいと思う!」
私「ええと・・・いま何回つっかかったかな?」
娘「右手は、3~4回かな。左手も合わせるともう少し増えるけど。」
私「そっかー。(もっと、いっぱいつっかかってたやん!と思いながらも、ここは自己評価に委ねて)
・・・目標水準が低いのかな。
私「あ、パパはわかんないんだけど、発表会って・・・何回くらいまで、つっかかってもいいの?」
娘「(笑いながら)パパ知らないの? 発表会はね、一回もつっかかったらダメだよー。
モモは、ゴマかすの上手って言われたけど。(と、胸を張る)」

・・・・あぁ、この自信が真剣に練習しない原因なのかな・・・。

私「そっかー。なら、発表会の日の朝に、初めてつっかからずに演奏できるくらいで、モモは大丈夫だねー。
娘「(さすがに、ちょっと考える)・・・・・そうだねー・・・。もう一回、弾いておこうかなー。」
私「じゃあ、パパは、スマホで他の人の演奏をかけるね。
これに合わせて弾いたら、ゴマかすのがもっと上手にならない?」
娘「そっかー。でも・・・えー難しいと思うよ。」
私「まぁ、一度やってみようよ。」

・・・(やってみる)

私「いまの演奏は100点満点で何点だった?(敢えてもう一度聞いてみた。笑)」
娘「(それには答えず)もう一回、弾いてみるね。」

最終的には、もう一度弾いた程度でしたが、
夜、お風呂から、ドレミでその曲を歌っている声が聞こえてきました。
彼女なりに、上手くなるための手立てを考え始めたようです(笑)

・・・(今日の質問)・・・
Q:部下や後輩の自己実現に対して、上司や先輩は何ができますか?
Q:部下や後輩が、生活や人生で期待しているものをどれくらい知っていますか?
Q:部下や後輩が、習得したい能力や体験したい経験をどのくらい知っていますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401