ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 未来をつくるための管理(管理会計その2)

未来をつくるための管理(管理会計その2)

(今日の質問)
Q:今週「いい仕事したなぁ」と感じた仕事は何ですか?

今日から、エッセンシャル版マネジメント冒頭の
『マネジメント・ブームの中心となった7つのコンセプト」の五つ目、「管理会計」。

こちらについても、
まだまだ根強い「前世紀的なコンセプト」に対する
新たなドラッカー的なものの見方を掘り下げたいと思います。

前回(先週末)は、管理会計の「会計」についての部分について触れましたが、
今回は、「管理」の方に重点をおいたお話を。

エッセンシャル版マネジメントの中では「29.管理」のなかでくわしく「管理手段」について書かれています。

組織における管理手段には、三つの特性がある。
1、管理手段は純客観的でも純中立的でもありえない。(略)
2、管理手段は成果に焦点を合わせなければならない。(略)
3、管理手段は、測定可能な事象のみならず、測定不能な事象に対しても適用しなければならない。
(エッセンシャル版マネジメントp.165~167)

まず「1、純客観的でも純中立的でもありえない。」については、小学生の頃やった(やらされた?)計算ドリルを思い出します・・

問題の横には、1ページを終えるまでにかかった時間を記入するがありました。
計算が遅かった私は、かかった時間を測るのがとても嫌いでしたが
それでも所要時間を記録するようにすると、自然と急いで解こうとしたものです。

だから、純粋に客観的な数値なんて取れないともいえるわけです。
数値は事実だけを示す、とは言い切れません。
測定するときと、しないときでは、数値は変化する可能性があります。

また、1ページを終えるまでにかかった時間を測定するときと、
1ページを終えるまでについやってしまう「鉛筆回し」の回数を測するときでは、
まったく違った心理状態になるはずです。

次に、2を後に回して、
「3、管理手段は、測定可能な事象のみならず、測定不能な事象に対しても適用しなければならない。」について。

あの小学生の頃の私に、いまの私が「管理手段」を施すとすれば、測定不能な管理手段に重点をおいたかもしれません。
計算ドリルのかかった時間や正答率ではなく、
たとえば、昨日よりも計算が楽しく感じたか?とか、今日は自分から取り組めたか?とか。

教授は、
「測定できるものは、すでに発生した事実、過去のものである。未来についての事実はない。」
といいます。(エッセンシャル版p167)

前回指摘した「会計制度」は、測定できるものだけで構成されています。
だから、会計上の数値ばかりを見ていると、新たな時代に向けての投資は抑制されます。

さらに「2、管理手段は成果に焦点を合わせなければならない。」です。
測定しやすいものは、社内の「努力」や「効率」が多いはずです。
お客様がどれほど喜んだか?
社会や業界にどれほどインパクトを与えたか?
といった、社外の「成果」や「効果」の多くは、測定が困難です。

ここで考えてみていただきたいのは、「会計」情報という手にしやすいデータに振り回されるとどうなるか、です。

会計データこそが「客観的・中立的」なデータだと錯覚すると、それによって人をコントロールします。
そして、成果つまり社外にどんな変化を起こすかよりも、社内の効率を重視し、
コストくらいしか「測定」しにくい次の時代への取り組みはけずる

こんな管理をする会社に未来はないはずです。
では、未来を作るための仕事の管理。
どんな方法があるか?この週末に考えてみましょう。

・・・(今日の質問)・・・
Q:今週「いい仕事したなぁ」と感じた仕事は何ですか?
Q:もうすでに利益を生んでいる仕事については、何を管理していますか?
Q:今すぐには利益に結びつかない仕事については、何を管理しますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401