ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > ”使わないオモチャ”(?)の法則(廃棄の基準)

”使わないオモチャ”(?)の法則(廃棄の基準)

(今日の質問)
Q:あなたはどんな活動を捨てますか?

先日のこと。
おもちゃが溢れるようになってしまったモモ(娘:小2)に
ママからのカミナリが。。
「使わないオモチャを捨てなさい!」

モモはシブシブ顔で部屋に行き
オモチャを子供部屋一面に広げはじめました。

が、、、しばらくすると
ブロックでなにやら組み立て始めている。

それに気づいた家内は、
「片付けてるの?遊んでるの?」

モモ「(ふくれっ面で)片付けてるの!」
ママ「1時間経ったら、片付けてないオモチャはすてるからね!」
モモ「わかってるの!」

それでもブロックで遊び続けているモモ。
ん?なんだか焦って何かを作ってる・・・?

それからしばらくたって、、
それでもブロックで遊び続ける娘。

ママ「もう少ししたら1時間になるよ!」
モモ「わかってる!(怒)」

ついに1時間がきて。。。

モモ(ビニール袋に入った一握りのブロックを差し出して・・)
「このブロック、使わなかった・・・。捨てる。」

え・・・? その袋の中のブロックだけ捨てるの?

モモにとって「使わないオモチャ」は、
「いま作った作品(?)の制作からもれたブロック」でした。(笑
なるほど。だから、ずっとブロックをいじっていたんだね~。

でも・・・
ブロックの一部だけを捨ててしまったら、
今後作れるものの選択肢は狭まり、ブロック全体の価値が薄れます
(きっと積み木でも同様ですね)

という笑い話のようなお話ですが・・・
(結局、オモチャ箱のスペースを大きく取っているものや、
雑に扱っている何かのオマケのオモチャが廃棄対象になりました)

さて・・・そんな様子を見ながら、思ったのは・・
「私たちは、経営判断で事業の廃棄の判断をする際に同じような事をしていないだろうか。」
ということ。

いまの事業体は、これまで作ったブロックの作品。
成果があがっていない活動は、「まだ作品として完成していないブロック」と考えると。

いまの作品もいずれ陳腐化する。

そのとき、その事業体の要素は分解して部品になる。
その時、これまで有効に使われていなかった部品の出番。

新たな組み合わせとなり、新たな作品が生まれる。
だから捨ててはいけないもの。

捨てるのは、これまでの組み合わせと・・
いつでも調達できるもの。

****《今日の質問》*****

Q:あなたはどんな活動を捨てますか?

Q:いまの事業(仕事のパターン)を分解するのはいつ頃だと思いますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401