ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 貸し切り遊園地の法則(仲間は誰?)

貸し切り遊園地の法則(仲間は誰?)

(今日の質問)
Q:一緒に楽しんでくれる人は誰ですか?

先週から、子供たちは学校。
札幌市は、先々週からなのですが、
ウチの子たちの学校は始まりも終わりも一週間ずつのズレ。

そこで、「そのズレを利用して本当は混んでいるところに行こう!」となり、
北海道内の遊園地に。

普段は並ぶ駐車場も車10台程度しかおらず、
乗り物(アトラクション)は、並ばずに乗れる。

と言うよりも、乗りたいときだけ動かしてくれる。

いわゆる「貸し切り状態」。

最初は「うわぁー」と喜んでいた子供たちですが、
「楽しむのが自分たちしかいない。」とだんだんつまらない空気に

おまけに、乗り物酔いが強い息子は、「次あれ乗ろう!」という妹
「そんなに連続して乗れないよ~(汗)」

そんなときに入った迷路型のアトラクション。
ある男の子と友達になり、それからナントカの一つ覚えのように
何度もなんども同じアトラクションに。

「ずっとこれやるの?」くらいに思っていたら2時間経ってやっと動きが・・・
「仲良くなったから、一緒にあっちの乗り物乗ろう!」という流れ

ひさしぶりにあったイトコ同士のように、それからは一緒に楽しんでいました。

後から聞いたら、迷路は、途中から飽き始めていたけど
「その男の子が『もう一回行こう。』って誘うからなんとなく。」

ここでの気づき。
きっとその男の子も途中から飽き始めていたんだと思う。
でも、別のアトラクションに行ったら、一人になってしまうのが寂しくて、
同じアトラクションを繰り返していたのだと思います。

「一緒に楽しむ人がいないと、楽しくない。」

それは、遊びに行っても、仕事でも、学びでも同じこと。

帰り道は子供たちと
「貸切遊園地をするなら友達も呼ばないと楽しくないってことだね~。
誰を呼ぶ?何人くらい呼ぶ?」
なんて話をしながら帰ってきました。

*****(今日の質問)*****
Q:一緒に楽しんでくれる人は誰ですか?

Q:うまくいったとき、喜びを伝えたい人は誰ですか?

Q:いま、頑張っていること、学んでいることを伝えたい人は誰ですか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401