ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 目標は複数存在する(マーケティングその4)

目標は複数存在する(マーケティングその4)

(今日の質問)
Q:マーケティングについての目標は、いくつ設定していますか?
*******

エッセンシャル版マネジメント冒頭の
『マネジメント・ブームの中心となった7つのコンセプト」の六つ目、「マーケティング」。

マーケティングについても、
ドラッカー的な視点を掘り下げたいと思います。

今回は、マーケティングの目標について。
・・・・・・・・・・・
マーケティングの目標は一つではない。複数存在する。つまり
1)既存の製品についての目標
2)既存の製品の廃棄についての目標
3)既存の市場における新製品についての目標
4)新市場についての目標
5)流通チャネルについての目標
6)アフターサービスについての目標
7)信用供与についての目標
である。
(エッセンシャル版マネジメント p.29)
・・・・・・・・・・・

ドラッカー教授は、自ら考えて行動する人材、「ナレッジワーカー」を前提とした
マネジメントを提唱しています。

その中では、マーケティングに限らず、複数の目標を設定すること、
そして、そのバランスをとりながら行動することを推奨しています。

利益だけ、売上だけ、ROEだけ、新規開拓だけ、継続受注件数だけといったように
一つの目標だけを設定するのではなく、
複数の目標を設定しながら、その均衡や調和を考えて行動することに
人間らしく働く働き方を示しました。

マーケティングについても、どの会社でもあげるべき目標として上記の7つを示しました。

おそらくは、会社の状況や、業界の状況、市場の状況によって
上記の7つは優先順位も、そして設定水準も変わってくることと思います。

あなたの組織では、どんな優先順位でマーケティングの目標を設定しますか?

(今日の質問)*****
Q:あなたの組織では、マーケティングについての目標は、いくつ設定していますか?

Q:7つの面での目標を設定するなら、以下の目標についての優先順位は?
ア)継続取引 イ)廃止商品 ウ)新製品開発 エ)新市場開拓 オ)販売ルートの見直し
カ)休眠客フォロー キ)掛けの回収 ケ)その他

Q:挑戦的な目標を設定する分野はどれですか?維持目標を設定するのはどの分野ですか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

  • アーカイブ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401