人材と資金についても(マーケティングその6)

(今日の質問)
Q:働く人の事情をみつめていますか?
******

エッセンシャル版マネジメント冒頭の
『マネジメント・ブームの中心となった7つのコンセプト」の六つ目、「マーケティング」。

マーケティングについても、
ドラッカー的な視点を掘り下げたいと思います。

今回は、マーケティングの適用範囲の拡大について。

*****
人材と資金の獲得に関しては、特にマーケティングの考え方が必要である。
(エッセンシャル版マネジメント p.53)
******

ドラッカー教授の「マネジメント」は1973年の著作ですが、
こんな言葉の意味は、最近になってその意味が心から感じます。

最近の会社のホームページの多くは、
商品の販売促進の目的ではなく、
人材の募集を目的としています。

そんな状況を、40年以上前に、洞察していたその慧眼ぶりに驚かされます。
そして

・われわれが必要とする種類の人材を引きつけ、かつ引き止めておくには、
わが社の仕事をいかなるものとしなければならないか。
・獲得できるのは、いかなる種類の人材か。
それらの人材を引き付けるには何をしなければならないか。

と、自社と(労働)市場の分析する視点を示してくれています。

あなたの会社は、お客様に対する商品・サービスの魅力発信と同様に、
あなたの会社で働くことについての魅力の発信にエネルギーを投下をしていますか?

**(今日の質問)***
Q:どんなスタッフに活躍してもらうのが、私たちのミッションに適いますか?

Q:どんなスタッフが私たちの組織で働く価値を感じてくれますか?

Q:そんな人材は、私たちの営業エリアにどれだけいらっしゃいますか?

シェアする

フォローする