計画は、行動活動レベルにおとす(長期計画その6)

(今日の質問)

Q:来年はどんな活動をしていきますか?

******

エッセンシャル版マネジメント冒頭の

『マネジメント・ブームの中心となった7つのコンセプト」の最後、「長期計画」。

長期計画についても、

ドラッカー的な視点を掘り下げたいと思います。

今回のテーマは、長期計画から戦略計画へ。

*****

最善の戦略計画さえ、仕事として具体化しなければ、よき意図にすぎない。

(エッセンシャル版マネジメント p.39)

******

前回は、行動する前の廃棄計画についてお話しました。

いまの活動の上に新しい活動を加えるのではなく、

両手いっぱいに抱えた荷物は、

一度、床に置いて必要な荷物だけもつ。

これによって、必要な資源とエネルギーを確保する。

こんな単純なことですが、多くの企業では(個人も)

なかなかできないのが実情ではないでしょうか?

捨てることができないのは、何を持つかが決まっていないから。

もっていきたい「もっと大切なもの」を見つければ、

いまもっているものを手放すことができるかもしれません。

もっと大切な何かが見つかったときに、

両手がふさがっている状態では、もっていくことはできません。

なぜなら、新たな活動には、多くの時間と資源とエネルギーが必要だから。

私たちの「仕事」は、単なる作業の連続ではなく、

「多くの試行錯誤の結果で手にする何か」を手にするまでのプロセスです。

両手いっぱいの作業を抱えていては

多くの時間と資源とエネルギーが必要な試行錯誤ができません。

ですから、今回は、その時間と資源とエネルギーを確保したくなるような「もっと大切な活動」をさがしてみましょう。

ここにもあるように計画は、行動するためのものなのですから。

来年はどんな活動をしていきますか?

**(今日の質問)***

Q:来年はどんな一年にしたいと思いますか?

Q:そのために行う活動は、いくつありますか?

Q:それぞれの活動は、どんな変化がうまれたら完了ですか?

シェアする

フォローする