ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > スキー練習の法則

スキー練習の法則

***(今日の質問)***
Q:最近、限界を超える挑戦をしていますか?
*********

三連休はいかがお過ごしだったでしょうか。
私は、子供達を連れてスキーに。

いつもは真面目なタカ(小6男)は、
スキーになると大はしゃぎで暴走気味にひたすら回数を滑る。

一方、いつもはテキトーなモモ(小2女)が、
なぜかスキーになると加重・抜重の基礎訓練を繰り返す。

その違いは何だろう??
年少の妹にはパパがついているからか?
いや、タカが小さいときには、ぴったりついていたはず・・。

いろいろと考察するに、きっと「成功の実感」なのではないかと思います。

モモは、大きな失敗をします。
一昨日も、急斜面に出たときに基礎を忘れてしまい、
暴走して転んで鼻血を出しました。

しかし、すぐに立ち直り、
それがきっかけで、基礎を思い出してやってみたらうまくいった。
それが、「成功の実感」。

一方・・・真面目なタカは、大きな失敗をしません。
(だから、放っておいても安心なのですが)

大きな失敗がなければ、成功体験の衝撃も小さくなります。

失敗は、ケアレスミスではありません。
限界を超えて挑戦したときに起こるものです。

そんな限界を超える挑戦を、最近はしていますか?

***(今日の質問)***
Q:最近、限界を超える挑戦をしていますか?

Q:あなたが、失敗から早く立ち直るにはどんな条件が必要ですか?

Q:挑戦をする部下を見守るために必要な仕組みはありますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401