ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 学校教科の法則:思考は区分に縛られる

学校教科の法則:思考は区分に縛られる

息子が先週、小学校を卒業しました。

これから算数が数学になる?

そんな話をしながら、ふと気づいたこと。

 

「理科」+「社会」=「生活(小1&2年生の教科:1992年施行)」
とか

「理科」=「物理」+「化学」+「生物」+「地学」

「社会」=「歴史」+「地理」+「公民」
とか、

私たちは、自分の学んだ時の教科で思考が縛られるところがあります。

 

ところが、社会に出てから、本当に何かを作り出そうとしたら、
必要とされるのは、それらを超えた思考をしなければなりません。

 

学ぶ時に適切だった区分が思考を縛って、
せっかく学んだものを生かせなくなることがあるかも。
そんなことを感じました。

 

学ぶ時の区分と生かす時の区分が遠ざかりすぎると、
新しいものが生まれなくなるのかも。

 

例えば、
「化学」+「家庭科」で何が生まれるだろう?
「生物」+「家庭科」だったら?
「物理」+「技術」+「数学」だったら?
「化学」+「美術」だったら?
「国語」+「美術」なら?
「古文・漢文」と「英語」なら?

 

ちなみに私は、「微分・積分」がわかるようになったとたん、
「物理」が好きな科目になった経験があります。

 

学ぶ時の区分と生かす時の区分。
職場の新人教育でも、考えたほうが良いかもしれませんね。

 

***今日の質問****
Q:あなたのビジネスを8つ程度の分野に分けると?

Q:それぞれのビジネスで必要な仕事を8つ程度のプロセスに分けると?
********

群(集合)とは、心理学にいう形態(ゲシュタルト)である。
したがって、それは見るものの主観のうちに存在する。
「創造する経営者」p136

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • オンライン動画講座
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401