ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 「生産的」にする対象は、人か仕事か

「生産的」にする対象は、人か仕事か

***(ドラッカー教授の言葉)****

人をして成果をあげさせるための第一歩は、

仕事の生産的なものにすることである。

(マネジメント(上) p252)

******************

生産性を高めよるというとき、

モチベーションのことしか
お話をしない方がいらっしゃいます。

そういう方は、
何でも彼でも「根性論」になりがちです。

「竹槍しか持っていなくても
本気でやれば勝てる!
本気が足りないんだ!」

と言っているようなもの、

成果をあげるための第一歩は、
「人を生産的に動かす」のではなく、
「仕事を生産的に設計する」こと。

特に何人かで仕事をしている場合には、
仕事の組織化(分担や流れ)が重要になります。

あなたのかかわる仕事で、
・誰かが抱えこみがちな仕事
・新人が育つかどうかの肝となる仕事、
・人によって、日によって、
出来不出来のある仕事
所要時間やコストがばらつく仕事
・人の争いの絶えない仕事
などは、
仕事のマネジメントが必要だと思われます。

まずは、どの仕事に
「仕事のマネジメント」が必要かを考えてみましょう。

***(今日の質問)*****
Q:あなたの仕事のうち、
仕事のマネジメントが必要だと思う仕事は何ですか?

Q:あなたのチームの仕事のうち、
仕事のマネジメントが必要だと思う仕事は何ですか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • サイト内検索

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401