ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 丘の上と石臼

丘の上と石臼

先週は、大移動の一週間。
札幌⇒東京⇒名古屋⇒鹿児島と移動し、
本日は、宮崎県都城から。

移動は少しハードですが、
とても充実したお時間です(笑)

***(ドラッカー教授の言葉)****

喜びは成果の中になければならない。
石臼に向かいながらも
丘の上を見なければならない。
仕事に飽きたということは、
成果をあげるべく働くのをやめたということである。
目もまた石臼を見ているに違いない。

『非営利組織の経営』
第5部:自己開発
 第2章:何によって憶えられたいか
*******************

日々の仕事のほとんどは、
うまくできていればいるほど
慣れて、そして飽きてきます。

そんなときは、
一段上の成果を求めて
工夫をしてみる。

・・・と考えた時、
もっと上の成果って何だ?
そもそも、この仕事の成果は何なのか?

と気づかされます。

で、今度は仕事を通じて叶えることを語り始めると、
手が動かなくなる人もいます。

「未来の姿」と「今日の行動」
両方を意識して過ごしたいものです。

いまのあなたは、どちらかに偏っていませんか?

***(今日の質問)***
 毎週、0.5%(1,000分の5)の変化を起こすと
 年間50週なので、毎週そのチャレンジに成功すると
 1.005の50乗は130%近くの変化になります。

Q:1年以内に起こしたい変化は何ですか?

Q:今週はどんな変化を起こすために、どんな行動をしますか?

Q:10年後はどんな姿になっていたいですか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • ナレッジプラザ
  • サイト内検索

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401