ブログ

ホーム > しつもんドラッカー > 意思決定の基準

意思決定の基準

三連休はいかがお過ごしだったでしょうか?

 

私は、二日間久留米でのお仕事のあと、

昨日は、帰札する前のお時間で柳川へ。

 

わずか3時間半の滞在でしたが

またまたお城探訪を楽しみ、

川下りツアーを楽しみ、

おいしいウナギ(せいろ蒸し)をいただくという

とても充実したお時間でした♪

 

***(ドラッカー教授の言葉)****

 

私は、ある大企業の場合、

過去5年間になされた意思決定の90%が定型的なものであって、

その種類はごくわずかであることを発見した。(中略)

この企業では、意思決定分析を行っていなかったために、

常に問題の4分の3が、

社内の表現を借りるならば

「わが家を求めて」うろついた挙げ句、

本来行くべき組織レベルよりもはるか上の階層に行っていた。

 

『現代の経営(下)』p.7-8

 

*******************

 

定型的な判断を役員会レベルにまで挙げて検討している現象を

見かけることがあります。

 

その原因としては、いくつか考えられますが

あ)誰も責任を取りたがらないから、

より上位者に決定を委ねられてしまうから。

い)判断基準が明確でないため、

勇気をもって判断してもどうせ覆されると分かっているから。

う)部下が決定すると、自分の存在意義を失うことを恐れて

干渉する上司がいるから。

え)ミッションや仕事の目的が明確でないため、

昨日までと同じ作業を黙々とこなす人が

組織の中心軸になっているから

 

まだまだあげられると思いますが、

ポイントは、判断基準。

 

たとえ社長であっても、

会社全体の判断基準より上位に立ってはならない。

 

そんな判断基準としてのミッションや成果の定義。

それがますます重要な時代に入ってきているかもしれません。

 

 

***(今日の質問)***

Q:あなたの組織のミッションは、判断の際に役立っていますか?

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • 読書会のご案内
  • オンライン動画講座
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • ナレッジプラザ
  • サイト内検索

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル10階
TEL:011-261-4471
FAX:011-212-1401