実践するドラッカー 利益とは何か

実践するドラッカー 利益とは何か

~利益の本当の意味を知ったとき、成長がはじまる~


***

○“利潤動機”(利益のために!)で、あなたは心から働けますか?

***

「実は、利潤動機で働くことには違和感を感じていました。

 でも、利益の本当の意味がわかったとき、私の中で、働く意味も変わりました。」

***

この講座が終わった後、数ヶ月していただいたメールです。

最近、上司や先輩が、部下や後輩を動機づけようとして、
「食っていくためには仕方がないじゃないか。」とか、
「お前らも、良い仕事をして良いクルマ乗りたいだろ?」とか、

「できるだけ動かずに、頭使ってお金を貰った方が得だよね。」
などという発言をして、
かえって部下や後輩がやる気を失って辞めていってしまう・・・
そんな現象が多くの企業で問題になっているようです。

****

なぜこのような現象が起こるのでしょうか?
辞めていってしまう部下や後輩の素養の問題だ、と片付けてよいのでしょうか?

利益とは何か表紙

****
問題は・・・仕事の意味、働く意味、そして

利益の意味を誰も教わってこなかったから。

 

***

企業が利益をあげなければならないのは、

・法律でいわれるような「営利」法人だから。ではありません。

※ここでの営利・非営利の意味は、出資者にとっての営利目的かどうかの意味です。
非営利組織であっても、何らかの形で稼がなければ、
活動を拡げることも、深めることも、続けることもできません。
***

・経済学でいうような「企業は利潤動機で動く」。でもありません。

※数学的に解をだすために経済学者がモデルとして作ったものです。
実態に合っているとはいえないことは、すでに多くの人が知っています。
***

***

では、
いい仕事をしていれば、そのうちに利益があがるはずだから・・・。
そう信じて祈っていればよいのでしょうか?

私たちは、

会計上の計算概念にすぎない「利益」というものを
どのように考え、扱ってい
くべきなのでしょうか?

***

佐藤さん

***
答えは、「経営者に贈る5つの質問」として

ドラッカー教授がまとめた問いかけの中にあります。

 

 

 

◆◆講座の内容◆◆

この講座では、私たちが知らず知らずにしている「利益についての五つの誤解」

これまで十分に考えてこなかった「経営者に贈る五つの質問」を軸に経営の原理原則レクチャーと、それに対応する問いかけのワークを行います。

利益とは何か表紙テキストには「実践するドラッカー[利益とは何か]」を用います。

[利益とは何か]の内容

①利益とは何か

②われわれのミッションは何か

③われわれの顧客は誰か

  顧客にとっての価値は何か

④われわれにとっての成果は何か

⑤道具としての「利益」を使いこなす

⑥「利益」をマネジメントするということ

⑦われわれの計画は何か

***

◆この講座が目指すもの

□次の時代の経営者、経営幹部を育てたいと考えている企業

□行き当たりバッタリで新事業を展開してしまっている企業

□ミッションや経営理念が単なるお題目になっている企業

□これからの20年を考えている企業

①利益についての誤解を正す
②組織の目的を見直して、事業活動に結び付ける
③自社の事業活動が目指す成果を明確にする

④必要な利益があがる体制をつくる

 

***

◆これまでに受講頂いた皆さまの声

思考・利益他-003

思考・利益他-006

思考・利益他-006

利益B-003

  • お電話でのお問い合わせ 011-261-4471 受付時間/9:00~17:00(月~金) メールでのお問い合わせ
  • 講演のご依頼はこちらから
  • メールマガジンの購読はこちらから
  • アーカイブ

  • タグ

Company Info

Dサポート株式会社

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地
道銀ビル7階
TEL:011-261-4471
FAX:011-261-4422